子供の成長と遺伝

子供の身長は遺伝で左右するの?

子供の身長は遺伝ってよく耳にしますよね?
それって事実なのでしょうか?

 

でもお父さんやお母さんが背が低くても子供の背が高いっていうケースも結構見かけますよね?

 

そのような状況を見ると遺伝ではないような気がします・・・・
では子供の身長は遺伝以外ではどんな条件が関係しているのか考えて見たいと思います。

 

色々と調べてみると子供の身長や体重など身体的特徴は親からの遺伝の要素の確かにあると思いますが食生活など影響による栄養素の摂取が大きく影響しているようです。

 

そしてそれは子供の好き嫌いが大きく影響しているのです。
好き嫌いしていては摂れる栄養素も摂取できません

 

子供の体が一番成長する時期に激しい好き嫌いやアレルギー体質の為、偏った食事をしていると好き嫌いの無い子と比べ成長に差が出てくるのは当然です。

 

子供の成長期に絶対的に必要な栄養素はたくさんありますが特にカルシウムは必要とされている栄養素です。

 

みなさんがご存知の通りカルシウムがたくさん摂取できるおススメの食品は牛乳です。
しかしそんな牛乳が苦手という子供はたくさんいるのです。
牛乳嫌いは好き嫌いの多い子が苦手とする食品の代表とも言えます。

 

子供の大切なな成長期に牛乳が嫌い・・・それはカルシウムを拒否している事と同じような事です。

 

他の食材でもカルシウムを摂取する事は可能ですが牛乳のカルシウム含有量と摂取効率の良さは敵いません。

 

もしカルシウムではなく他の食材で牛乳と同等のカルシウム量を摂取しようとすると
たくさんの食材、食品を摂る必要がありカロリーオーバーになる可能性がでてきます。
カルシウム不足は解消かれますが今度は肥満の心配が出てきます。

 

そのような理由から出来れば頑張って牛乳を飲んでほしいのです。
牛乳を飲みカルシウムを摂取するのが一番よいのですが牛乳の臭いや色がダメな子も多いと思います。その場合はヨーグルトやチーズなどを食べカルシウムを補給するというのはおススメです。
特にチーズはカルシウムの吸収もよい食品です。
ただし、食べ過ぎは注意です。脂肪分も結構入っていますので適量を食べましょう。

 

ではどうして成長期にはカルシウムが必要と言われるのか?ご存知ですか?
カルシウムは骨になるから・・・正解です。
しかしもう少しカルシウムが必要な訳があるのです。

 

それは成長期の子供の骨の軟骨部分には成長に深くかかわる成長線といわれる「骨端線」があります。

 

骨はその「骨端線」が成長し成長していくのです。
骨全体が成長する訳ではないのです。

 

思春期を終える頃にはその骨端線は固い骨となり骨の成長が終わるのです。
成長がストップすると言事はこういう事なのです。

 

その「骨端線」が成長するにはカルシウムが絶対必要とります。
そのような理由からて成長期にはカルシウムが必要なのです。

 

カルシウムの99%が蓄えられているのが骨や歯なのです。
骨や歯にカルシウムを蓄える事が出来るのは、実は期限があるのです。
その期限というのが高校生くらいまでなのです。

 

では高校生以降は・・・と聞かれますと
どう頑張ってもカルシウムを骨や歯に貯める事は出来ないのです。
なので高校生位までの子供の成長期にカルシウムをしっかり摂る必要があるのです。

 

どうしても牛乳や乳製品がダメ・・・という子供もいますよね?
そんなときは子供カルシウムサプリなどでカルシウム補給というという方法はどうでしょうか?
子供カルシウムサプリはいろいろな会社から販売されていますのでその中から子供が喜んで食べてくれるものを選ぶと良いと思います。